冠婚葬祭ミニ事典

長寿の祝い

長寿の祝いは「賀寿」などといい、数え年で行うのがふつうで、数え年の61歳の還暦から始まります。それ以降は古希、喜寿と続きますが、現代の60歳、70歳はまだ若く、現代で活躍している人も多いので、お祝いを喜ばない人もいるでしょう。本人の意向も尊重し、還暦、古希は見送るか、ごく内輪だけのお祝いにし、喜寿から盛大にするほうが自然な場合があります。

また長寿の祝いとせず、誕生日祝いとして節目の年を盛大に祝うという方法もあります。周りがむやみに年寄り扱いしない心遣いをしたいものです。

名称 年齢
(数え年)
由来
還暦 61歳 干支は60年で一巡し、数え年61歳で生まれた年の干支にかえる(「本掛還り」という)ことから還暦といわれる。
古希
(古稀)
70歳 中国の詩人杜甫の詩にある「人生七十古来稀なり」からついた名称。
喜寿 77歳 「喜」の字を草書体で書くと「」となり、七十七に見えることからついた。
傘寿は、数え年80歳「傘」の字を略すと「」となり、八十と読めることからついた。
米寿 88歳 「米」の字を分解すると八十八となることからついた。
卒寿 90歳 「卒」の字を略すと「卆」となり、九十と読めることからついた。
白寿 99歳 「百」の字から「一」をとると白になるので、あと1歳で100歳という意味でついた。

ページのトップへ