冠婚葬祭ミニ事典

日常の贈答

目的 品目 時期と心得
中元・歳暮 中元にはそうめんや飲料、歳暮にはハムやコーヒーなど。最近は産地直送品が人気。 一般的には保存のきくもので、場所をとらないもの、消費してしまうものが無難。生鮮食料品を贈る場合は先方の事情をよく考慮して。
餞別 送迎会を開く。品物を贈るなら酒などの嗜好品や花束など。旅行の餞別なら現金を。 送別会までに。
職場の人や学校の先生への餞別は同僚や父兄全体で贈る。旅行の餞別は目上には必要ない。
病院へのお礼 医師や看護婦全員に行き渡る菓子やくだもの、ジュースなど。 とくに世話になったという以外は必ず必要というものではない。退院後に礼状を出しても。
おけいこ事のお礼 発表会のお礼は出演者全員で出し合って現金などを。 とくに世話になった場合も現金や品物でお礼をする。中元や歳暮も必要。
陣中見舞い コーヒーやジュース、みんなでつまめる軽食、菓子など。展覧会や公演などの場合は花でも。 当日。
展覧会や公演などは見に行ってあげるのが何よりのお礼となる。

ページのトップへ